Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

最新トレンドニュース

花粉症には塗り薬が効果抜群?これでついに花粉症とサヨナラ!?

Pocket

スポンサードリンク


 

 

花粉症に塗り薬が効果あるって話を聞いたんですが、ちょっとにわかには信じがたいですよね?

 

けど、twitterなどで「鼻の中にワセリンを塗ると、症状が軽くなる」って話が広まってるみたいなんですよねー。

 

ワセリンと言えば、思い出すのはボクシング

試合の途中で顔とかにめっちゃ塗ってるクリームみたいなやつ。

 

ワセリンは、ボクシングの試合中に瞼を切ってしまって、出血した時などに止血するために使ったりするんですね。

 

油性の軟膏なので、水をはじいて、汗がしみるのを防いだりもできますしね。

 

そんなワセリンのような塗り薬が、花粉症に効果あるっていうのは、イマイチピンと来ないところですよね。

 

 

花粉症にワセリンが効くっていう根拠は?

 

花粉症に塗り薬が効果的という話の根拠ですが、調べてみたところ、こんな話が・・・

 

2013年に中国の研究グループが発表した論文らしいんですが、その中で次のような実験をしたようなんです。

 

慢性アレルギー性鼻炎の患者さん30人を2グループに分け、片方にはワセリンと同じような成分の塗り薬を、もう片方には偽のクリーム(見た目は似ているが、成分の違うもの)を渡したそうなんですね。

 

そして、両方のグループに1日3回、鼻の内側にその塗り薬を塗ってもらう・・・という実験だったそうです。

 

その結果、アレルギーを示すある数値が、ワセリンと似たような塗り薬を渡したグループは、実験前の23.4から10.7と半分以下に下がるという、劇的な改善を示していたのに対し、

 

偽のクリームの方は、3.6とわずかしか改善していなかったというんですね。

 

その結果、この塗り薬を塗ることに対して効果はあると実証されたようなんですね。

しかも、その塗り薬を塗ることによって、悪い影響が出た人もいなかったんだとか。

 

この結果から何が分かったかというと、ワセリンに含まれる成分の中に、花粉を引き付けやすい性質のものがあり、鼻の内部に花粉が侵入するのを防いでくれて、その結果、花粉症の症状が軽くなったのではないか?ということなんだそう。

 

なので、外出前に鼻の内側の入り口付近にワセリンを少量塗り付けておくというのは、試してみる価値あり!って感じですよね。

 

 

花粉症はこうして重くなる!知らないと子どもに悪影響が・・・

 

 

 

まず最初に知っておかないといけないのが、両親が花粉症なら、その子どもの花粉症である可能性があるってこと。

 

両親が花粉症の場合や、他のアレルギー疾患を抱えている子どもは、花粉症が発症する確率って高くなるんですね。

 

確かに、昔に比べると、子どもの花粉症は増えている印象ってありますしね。

 

それはデータにも表れていて、「通年性アレルギー性鼻炎・花粉症 全国意識・実態調査2018年版」っていうのがあるんですが、

 

それによると、5~15歳の小児患者でも、3年以上症状に悩まされている子どもは、通年性アレルギー性鼻炎53.8%、花粉症48.0%と、約2人に1人の子どもがアレルギー性鼻炎や花粉症に悩まされているという調査結果となっているんです!

 

そして、花粉症は大人だけでなく、子どもにも増えていて、小学校入学前後から症状が出始める子どもが増えているというのです。

 

ですが、花粉症の症状は、熱が出たりといった分かりやすい症状でないため、学校に行けなくなるほどではありませんよね。

 

そのため、あまり深刻に考えず、特に共働きで忙しいご家庭の場合など、子どもが花粉症の症状を訴えていても病院に連れて行くのを先延ばしにしがちです。

 

そうするうちに、目や鼻のつらい症状がずっと続いてしまい、睡眠もしっかり取ることができなくなり、子どもの成長に悪影響を与えてしまうことに・・・

 

こんなことにならないうちに、早めの対策をしてあげる必要があります。

 

花粉症に塗り薬・・・どんなものが出ている?

 

花粉症に塗り薬が効果的という話はしましたが、効果的という以外にもメリットがあります。

  • 塗り薬なので、飲み薬に比べ安心なので、特に妊婦さんや子どもにはオススメ!
  • 塗るタイプなので、塗っても目立たない!
  • マスクを付けていると化粧崩れしたりしますが、塗り薬だと関係ない!
  • マスクを付けられない接客業などの職業の方にオススメ!
  • 飲み薬と違って、眠くなったりすることがない

 

こんなメリットもあります。

 

デメリットとしては、1日に何回か塗り直す必要がある・・・ってことでしょうか。

 

そんな花粉症対策の塗り薬ですが、どんなものが有名なのでしょうか。

 

一口に塗り薬といっても、実は大きく2つのタイプに分かれます。

 

1つは、鼻の外側(周り)に塗るタイプの塗り薬。もう1つは、鼻の中に塗るタイプの塗り薬になります。

 

 

鼻の外側(周り)に塗るタイプの塗り薬

 

鼻の外側(周り)に塗るタイプの花粉症対策の塗り薬と言えば、エーザイが出している【クリスタルヴェール】

 

 

クリスタルヴェールの特徴はと言うと・・・

 

  • ゴマ粒ぐらいの大きさの量を鼻の周りに塗る
  • 約3~5時間程度効果が持続する
  • 鼻の周りに塗ると、鼻呼吸がしやすくなる
  • 花粉症が比較的軽い場合には、薬を飲まなくてもクリスタルヴェールでOK
  • 緑のクールタイプは塗った時にスーッとする
  • 青のタイプは少し塗る時に独特の匂いがある

 

こんな特徴があります。

 

 

 

鼻の中に塗るタイプのオススメの塗り薬

 

鼻の中に塗るタイプの花粉症対策の塗り薬と言えば、フマキラーが出している【アレルシャット】

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フマキラーアレルシャット 花粉鼻でブロック 鼻腔クリーム 無香料 5G
価格:800円(税込、送料別) (2018/12/24時点)

楽天で購入

 

アレルシャットの特徴はと言うと・・・

 

  • 1回の使用で約2~4時間効果が持続
  • 眠くならない
  • 1日3回程度塗り直す必要有り
  • 医薬品や医薬部外品ではない

といった特徴があります。   

クリスタルヴェール、アレルシャットとも、それだけで花粉症対策はすべてOK!

というわけではなく、マスクと併用する方が多いようですね。

 

花粉の季節には、塗り薬の効果を試してみるのも1つの方法なので、ぜひチャレンジしてみると良いでしょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク


Pocket

Copyright (C) 2019 最新トレンドニュース  All Rights Reserved
サイト内の記事、写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を固く禁じます。