Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

最新トレンドニュース

大嘗祭(だいじょうさい)が祝日になるってウソ?ホント?

Pocket

スポンサードリンク


 

 

最近何かと話題の大嘗祭ですが、これって祝日になるのでしょうか?

 

もしかしたら、なるかもしれないし、ならないかもしれないんですが、なぜそんな疑問を持つ人がいるのか知りたくありませんか?

 

大嘗祭が祝日になるのかどうかを知る手がかりとして、大嘗祭と新嘗祭という2つの儀式のことを知らなければなりません。

 

まず、大嘗祭の方ですが、一般的には「だいじょうさい」と読みますが「おおなめさい」とか「おおにえのまつり」と読むことがあります。

 

で、間違えられそうなのが新嘗祭。

 

こちらは、一般的には「にいなめさい」と読みますが、「にいなめのまつり」や「しんじょうさい」と読むこともあります。

 

新嘗祭は、その年の新米を神様に捧げる儀式で、毎年11月23日に行われる「宮中祭祀(きゅうちゅうさいし」という行事になります。

 

宮中祭祀は、天皇が国家と国民の安寧と繁栄を祈るための祭祀、つまり感謝や祈りのために神仏や祖先をまつる儀式なんですね。

 

なので、新嘗祭は五穀豊穣を祝う収穫祭にあたり、「新」は新しく穀、つまり、その年に初めて実った初穂のことで、「嘗」はご馳走という意味になります。

 

新嘗祭は、日本書紀によると飛鳥時代(西暦642年)に始まったと伝えられていますし、万葉集には新嘗祭にまつわる和歌も掲載されています。

 

それに対し、天皇が即位して最初に行う儀式が大嘗祭。当然のことながら、こちらの方は天皇一世一代の儀式になります。

 

というと、新嘗祭と大嘗祭は名前は似ていますが、全く異なるもののように感じますよね。

 

ですが、その内容は実はほぼ同じなんです!

 

簡単に言うと、「大嘗祭」は、新天皇が即位して最初に行われる「新嘗祭」なんですね。

 

 

 

大嘗祭が祝日になるかもしれない・・・っていったいなぜ?

 

 

 

ではなぜ、大嘗祭が祝日になるかもしれない?という疑問が出てくるのでしょうか。

実は、戦前は新嘗祭は祝日だったんです!

 

それを、戦後、GHQ(連合軍総司令部)が、国家神道の色が強いとして、新嘗祭という祝祭日を廃止し、別の名前の祝日にするよう提案し、天皇の国事行為という要素を取り除き、改めて祝日にしたのが「勤労感謝の日」。

 

そして、現在の天皇陛下の時の大嘗祭は、平成2年(1990年)11月22日から23日にかけて行われました。

 

11月23日はもともと「勤労感謝の日」だったので、当然その日は祝日だったんですけどね。

ですが、大嘗祭の直前に執り行われた即位の礼は、11月12日に執り行われ、「即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律」によってその年1回だけの休日になったという経緯があります。

「祝日」とは「国民の祝日に関する法律」で定められたものですが、即位の礼は「即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律」で定められたものなので、「祝日」ではなく「休日」となったんですが、まぁ、我々庶民とすれば、お休みになるのであれば、どちらでも構いませんけどね^^;

 

それで、2019年に執り行われる新天皇の即位の礼は、すでに2019年10月22日(火)に決まっています。

 

なので、現段階では正式決定していませんが、上記と同じように「即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律」に従って、おそらく休日になるのでは?

 

と期待したいところですよね。

一方の、大嘗祭の方はいったいいつになるのか?というと、過去の大嘗祭を見ると、11月の2回目か3回目の「卯(う)の日」に行われるのが慣例になっているようです。

そうしたことから、宮内庁は、今回の大嘗祭については、2019年11月14日から15日にかけて執り行うことが望ましいという見解を出しているようですが、新天皇即位後に正式発表するようですね。

 

2019年11月14日(木)だった場合、「勤労感謝の日」と重ならないので残念ながら祝日ではありません。

ですが、働き方改革といった流れもあり、祝日を増やす傾向にありますので、大嘗祭も祝日になるのでは?という期待と疑問が出てきたのではないでしょうか。

ちなみに、「卯(う)の日」についてですが、ご存じのように、「卯(う)」とは十二支のひとつですよね。

 

十二支とは、「子(ね)・丑(うし)・寅(とら)・卯(う)・辰(たつ)・巳(み)・午(うま)・未(ひつじ)・申(さる)・酉(とり)・戌(いぬ)・亥(い)」ってやつです。

 

この十二支は、12年で1周するものですが、これは日にちでも使われることがあり、12日で1周するんですね。

 

なので、2019年の11月の「卯の日」というと、

 ・1回目・・・11月2日
 ・2回目・・・11月14日
 ・3回目・・・11月26日

 

ということになるわけです。

 

なので、大嘗祭が2019年11月14日になるとすれば、2回目の「卯の日」になるってわけなんです。

 

 

スポンサードリンク


Pocket

Copyright (C) 2019 最新トレンドニュース  All Rights Reserved
サイト内の記事、写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を固く禁じます。