Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

最新トレンドニュース

確定申告の計算期間っていつからいつまでの収入で計算するの?

Pocket

スポンサードリンク


 

確定申告をしたことがない人や慣れていない人にとっては、確定申告の計算期間はいつからいつまでなのか?といったことから分からないことだらけですよね。

 

なので、今回は、この確定申告の計算期間について取り上げてみたいと思います。

 

確定申告で悩む計算期間にはいくつかあって、主な計算期間としては、

 

  • いつからいつまでの収入で計算するのか?
  • 確定申告はいつからいつまでに行えばいいのか?
  • 税金はいつからいつまでに納めればいいのか?

 

これらの計算期間について確定申告では疑問の多いところです。

 

確定申告の計算期間…いつからいつまでの収入?

 

 

まず最初に多い疑問である、確定申告の計算期間のうち、「いつからいつまでの収入」で計算するのか?という疑問についてです。

 

確定申告で計算する収入は、1月1日から12月31日までの1年間の収入で計算します。

 

ちなみに、この期間のことを『課税対象期間』と言います。

 

なので、今年、平成30年(2018年)分の確定申告というと、平成30年1月1日から平成30年12月31日までの収入で計算することになります。

 

で、この確定申告ですが、正確に言うと、「所得税及び復興特別所得税の確定申告」「消費税及び地方消費税の確定申告」の2つがあります。

 

要するに所得税と消費税の2つの確定申告をするということなんですが、消費税の方は個人事業者といって、個人で商売をされていらっしゃる方で、”2年前”の売上1,000万円を超えていた方が確定申告することになります。

 

今年の売上ではなく、”2年前”の売上で確定申告をする義務があるかどうかが決まり、今年の売上や仕入・経費などで消費税の金額を計算するという、何とも紛らわしい仕組みなんですが・・・

 

なので、一般の方に関係するのは、所得税の確定申告になります。

 

先ほど、1月1日から12月31日の『収入』と書きましたが、いったいどんな『収入』があれば、確定申告しないとならないのかと言うと・・・

 

  • 継続的に行う事業で得た収入
  • マンションやアパート、土地などを貸して得た地代や家賃
  • 会社から受け取る剰余金や利益の配当
  • 5年を超えて所有している山林を伐採して得た収入や売却して得た収入
  • 土地や建物、株、ゴルフ会員権などを売却して得た収入
  • 懸賞やクイズの賞金、競馬の払戻金など
  • 生命保険の解約金など
  • 給与や年金から引かれた所得税の還付を受けられる時

 

これらの収入があれば、確定申告をしなければなりません。

 

 

確定申告の計算期間…いつからいつまで申告すればいいの?

 

 

1年間の収入や支出をもとに、1年間の儲けを集計した後、確定申告書を作成します。

 

その確定申告書はいつからいつまでに提出すればいいのでしょうか。

 

それは、先ほど確定申告には、所得税と消費税の2種類あると書きましたが、それぞれ、確定申告書を提出する期間は違います。

 

まず、所得税の確定申告ですが、確定申告書の提出期間は、2月16日から3月15日までになります。

 

土日がかかる場合には、次の月曜日までとなります。

 

なので、平成31年(2019年)に確定申告書を提出する期間は、平成31年2月18日(月)から平成31年3月15日(金)までとなります。

 

次に消費税の確定申告ですが、確定申告書の提出期限は3月31日になりますが、平成31年に確定申告をする場合は、平成31年4月1日(月)になります。

 

 

確定申告の計算期間…いつからいつまでに税金を納めれば?

 

 

最後に、確定申告の書類を提出した後、税金を納めるのはいつからいつまででしょうか。

 

まず、所得税の場合は、確定申告書の提出期限と同じ3月15日になります。

 

なので、平成31年の場合は、平成31年3月15日(金)になります。

 

この場合の税金の納め方は、税務署の窓口で支払うか、銀行や郵便局で支払う、インターネットバンキングで支払う、クレジットカードで支払う、コンビニで支払うといった方法になります。

 

ですが、口座振替の届け出を出していると、平成31年4月22日(月)に口座振替されますので、便利です。

 

次に消費税の確定申告ですが、こちらの方も、確定申告書の提出期限である平成31年4月1日(月)が納付期限となりますが、口座振替を利用すると、平成31年4月24日(水)に口座振替されることになります。

 

確定申告に関する色々な計算期間をまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。

 

いずれも期限を過ぎると罰金等がありますので、計画的に確定申告の集計をし、確定申告書の提出と納税を忘れないようにしましょう!

 

スポンサードリンク


Pocket

Copyright (C) 2018 最新トレンドニュース  All Rights Reserved
サイト内の記事、写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を固く禁じます。